英語教育

「自分の思いを英語で考え、英語で伝える力」を育む英語教育がスタート

創立以来60余年にわたり蓄積してきた英語教育のノウハウを礎とし、2018年4月より、「GrapeSEED」を使った先進的な英語教育を実践しています。

英語教師と生徒

伝統の英語教育の3つの柱が基盤

新しい英語教育の土台をなすのは、本校が実践してきた「コミュニケーション能力の育成」、「発音スキルの向上」、「読み書きスキルの向上」を柱とする英語教育です。意思疎通できる喜びを体感させ意欲向上を図り、ネイティブに近い発音やアカデミックな英語への発展をめざします。

英語習得の必須条件に沿って指導

英語教師・早期からの開始→1年生からスタートします。
・学ぶ順序→母語と同じ、聞く⇒話す⇒読む⇒書くの流れに沿って学んでいきます。
・学習時間→週4時間、年間140時間を確保しています。
・学ぶ環境→オールイングリッシュの授業を実施しています。

4技能をバランスよく養成

バランスよく養成6年間で4技能をバランスよく育みます。はじめは子ども特有の「音を正確に聞き分ける」能力を活かし、「聞く」「話す」学習に重点を置きます。その後、ステップアップの過程で、「読む」「書く」学習の比重をアップ。繰り返し学習でレベルアップを図りながら、総合的な英語力を培います。

相乗効果を生む家庭学習教材を導入

英語・教材英語を流暢に話せるようになるためには、毎日2時間の英語環境が必要と言われています。本校はこの理想と現実のギャップを埋めるため、授業と連動した児童用家庭学習教材「REP」を導入。繰り返し覚え、繰り返し使う。この相乗効果により、自分の言葉として体得していきます。

GrapeSEED

英語を第二言語として学ぶ子どものために開発されたバイリンガル育成カリキュラム。世界18ヵ国、900の教育機関で導入され高評価を得ている、実績あるプログラムです。

多彩な実践の場

英語劇 行事においても英語を実践する機会を用意しています。音楽会では4年生が英語劇に挑戦。3年生以上の希望者によるレシテーションコンテストも実施しており、代表者は校外のコンテストに出場しています。

6年間の学習構造

こども特有の音を正確に聞き分ける力を活かし、
聞く学習、きれいに発音する学習に注力

先生と生徒「聞くこと」と「きれいに発音すること」に力を入れます。勉強であることを意識させずに、歌ったり踊ったりする中で、楽しみながらたくさんの言葉を蓄積。頭の中で考えることなく、瞬時に英語を理解できる力を育てます。

英語

楽しくクオリティの高い教材を用いて自分の
思いや考えを英語で伝える素地を育成

自分の考えを英語で表現するうえでの素地をつくっていく時期です。チャンツやストーリー、絵本など「GrapeSEED」の教材を通して英語のリズムに親しみながら、覚えた単語やフレーズを応用する力を身につけていきます。

英語

自分の思いを伝える力を身に着けるとともに
異文化への理解や国際的な視野を育む

児童二人文を読んで理解したり、英語での会話に参加したりできるようになるほか、自分のことや思いを文章で表現できるようにもなります。さらに、さまざまな国の文化や街の様子を知ることを通して、世界に目を向けます。

英語

先生からのメッセージ

世界中の人々とつながることができる “本物の英語力”を身につけます

眞浦先生

眞浦由美子先生

グローバル社会においては、素晴らしい考えをもっていても、国際共通語である英語を使えなければ伝える術はありません。本校がめざすのは、グローバル化に対応した英語によるコミュニケーション能力、つまり、「自分の思いを英語で考え、英語で伝える力」の育成です。英語でのコミュニケーションができる。これだけで、将来の可能性はぐんと広がります。国際社会で通用する英語力を身につけ、近い将来、世界中の人に思いを伝えることができる喜びを実感してほしいと思います。