英語教育

あいとくの英語教育

英語教育

世界の人々と“共に生きる”未来へ

グローバル社会において、こどもたちが世界の人々をつなぐ架け橋となりますように。そんな思いから愛徳幼稚園では、2020 年度より正課活動として、新しい英語のレッスンをスタートします。真の国際人に求められる、英語によるコミュニケーション力を育みます。

英語習得の条件を満たした環境

英語を身につけるためには、早期から英語に多く触れ、母語を習得するようにステップアップすることが大切です。本園では年少組から、日本語と同じような自然な流れで、ネイティブによるレッスンを行います。

バランスよく伸ばすカリキュラム

こどもならではの「音を正確に聞き分ける」能力を活かし、自然に英語を聞く耳を育てていきます。最初は「聞く」「話す」を中心とし、無理なく「読む」「書く」にステップアップ。総合的な英語力へとつなげます。

レッスンと連動した家庭用教材

英語を流暢に話せるようになるためには、毎日2時間の英語環境が必要と言われています。そこで、幼稚園のレッスン内容と連動した家庭用教材を用意。楽しみながら繰り返し触れることで、自然と身につきます。

G r a p e S E E D

こどもたちが第二言語として英語を習得できるよう開発されたプログラム。世界1 8カ国・9 0 0の教育機関で導入されており、その実績から高い評価を得ています。

3年間の流れ

《年少組》

週3回/1回30分程度

年少英語

L i t t l e S E E D( G r a p e S E E Dの年少児向けプログラム)で、ネイティブの先生と一緒に楽しく英語を体験。英語に慣れ親しみ、次年度へとつなげます。

《年中組》

週5回/1回40分

年中英語

G r a p e S E E D のカリキュラムがスタート。英語のリズムに慣れることができるよう、毎日のレッスンで、さまざまな楽しいアクティビティに取り組みます。

《年長組》

週5回/1回40分

年長組英語

レッスンでのネイティブの先生との触れ合いの中で、少しずつ、自分の話した英語が通じる喜びを感じられるようになります。(2021年度よりスタート)