教育方針

2 1 世紀を生きるこどもたちの未来のために

人生を1本の木にたとえると、幼児期は木の根っこにあたります。これから深く長く伸びていく、人生の基礎となる部分です。健全に成長していくためには、「無条件に愛される体験」が欠かせません。愛徳幼稚園では、キリスト教の精神に基づく理念「すべてを愛によって」を大切にし、一人ひとりの可能性がその子らしく花開くよう、「かけがえのない命をもつ、神様からのおくりもの」として慈しみ育てます。そして20 20年度からは、グローバル社会を生きるこどもたちのための新たな英語教育がスタートします。よき伝統はそのままに、基本的生活習慣を身につけ、集団生活を通して思いやりの心と豊かな感性、想像力を育むとともに、次代に求められる自ら考え行動する力、英語によるコミュニケーション能力を養います。教育方針

― このようなこどもに育ってほしいと思っています。 ―

 神様を敬うこども
どんな時にも、自分を愛し、支え、ともにいてくださる神の存在を知ることは、人として幸せに生きるうえでの、かけがえのない財産となります。
 人を愛するこども
世界でたったひとりしかいない自分に気づき、同様にそれぞれ大切な存在である友だちにも心をとめ、愛し愛されることの大切さを知ります。
 主体的に行動するこども
他者と比較されることなく、あなたはあなたのままでいい。そう認められたこどもだけが、自分に自信をもち、自分を開花させることができます。
 強い心をもつこども
神に愛される存在として自信をもつことで、失敗をおそれず、どのようなことにもあきらめることなく挑戦し、常に前進していく勇気を得られます。

本園の教育方針

キリスト教的愛の精神に基づく人間教育を目的としています。

学校教育法に示す目的、および、目標を達成するため、次の教育方針によって幼児教育を行う。

01

健康と心身の調和的発達

健康と心身

02

協調・自主・自立の精神

協調自主

03

道徳性の芽生えを育む

道徳性

04

基本的生活習慣の躾

05

豊かな情操を育てる

豊かな

06

国際人としての礎を築く

国際人