高校2年 ビブリオバトル

2月9日(金)5〜6限に高校2年選択国語表現の授業で第2回ビブリオバトルを行いました。(第1回の様子は こちら

 

5限は3人1グループとなり、自分のおすすめ本の説明を3分で行い、グループのチャンプ本を決めました。

 

6限はグループのチャンプ本による全体でのビブリオバトルを行いました。参加者全員の投票の結果、織守きょうやさんの『記憶屋』が全体のチャンプ本に選ばれました。哲学的な作品からフィクションまで、さまざまなジャンルの本に関するみんなの発表からみんなの本への思いが感じられました。

 

《グループのチャンプ本》

1. 『みつばちとどろぼう』エリックカール・おだひでとも(偕成社)

2. 『君たちはどう生きるか』吉野源三郎(岩波書店)

3. 『りすのあかちゃん』高野けいこ作・花房華子絵(福音館書店)

4. 『リーガルハイ』古沢良太(扶桑社文庫)

5. 『記憶屋』織守きょうや(角川文庫)

 

グループ戦その1

グループ戦その1

グループ選その2

グループ選その2

グループ選その3

グループ選その3

代表選その1

代表選その1

代表選その2

代表選その2

投票結果

投票結果