高校1年 化学基礎 中和滴定実験

2月8日(木)に高校1年化学基礎で中和滴定の実験を行いました。

 

中和滴定を行い、計算することで市販の食酢中の酢酸濃度を調べました。

 

実験1:シュウ酸標準溶液を使い、水酸化ナトリウム水溶液の濃度を決定する

実験2:実験1の水酸化ナトリウム水溶液を用いて食酢の濃度を決定する

 

中和滴定では試薬を入れる量の調節が難しく、液の色の変化を見ながら真剣に取り組みました。正確に実験を行い、市販の食酢の裏のパッケージぴったりに計算できる班もあり、歓声があがる一場面もありました。

 

IMG_4829IMG_4832IMG_4793IMG_4831 IMG_4830